伊藤角栄 / Kakuei Ito
地盤補強工事
カテゴリー
地盤補強工事
事務所名
豊信建設(株)
趣味
地盤改良でストップ温暖化

「チーム・マイナス6%」とは

 CO2の温室効果1990 年と比較して、CO2の排出量を6%削減すること。

これを実現するための国民的プロジェクトです。
地球温暖化が引き起こす被害は深刻で、例えばかつてない ほど大規模な台風が起こったり、北極の氷が溶け始めたり、海面の水位がどんどん高くなって住居が水没してしまった地域もあります。

そんな地球温暖化の原因の一つが、CO2による温室効果なのです。
「6%」という数字、これは日本が京都議定書(2005年2月16日発行)にて世界に約束した削減目標です。
ところが実際は、乗用車やTVの大型化などに起因して、年々増加傾向にあるのが実情なのです。

HySPEED工法はCO2の削減に貢献します!

HySPEED工法は天然砕石しか使わないことで、
他の地盤改良工法と比べてCO2の排出が少ないエコ工法です。
他工法と比較すると、平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸において約2000キログラムのCO2削減効果があります。
※セメント1000Kgを造るのに約723KgのCO2発生。鉄1000Kgを造るのに約1640KgのCO2発生。

チームマイナス6%では、一日、一人、1キログラムのCO2削減を目指して地道な活動に取り組んでいます。
マイホームの建築は一生に何度もあることではありませんが、もし、地盤改良により2000キログラムのCO2削減ができれば「2000キログラム÷365日=5.48年」で、5年以上、毎日1キログラムの CO2削減に貢献できたことに相当すると考えられます。

HySPEED工法とは

地盤改良工法『HySPEED』とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。

 

HySPEED工法の代表的な特徴

1,土壌汚染・地下水汚染ゼロ
2,CO2削減量大(他工法比較による)
3,地価下落なし(将来の撤去不要)
4,液状化防止効果
5,リユース・リサイクル

バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法を宅地用に改良した工法です。
掘削技術と施工機器の研究によりローコスト化を実現しました。

従来のセメント系柱状改良、鋼管杭による地盤改良では、
結果として地中に産業廃棄物を埋め込むことになります。
セメントの強アルカリ又六価クロムによる
土壌への影響は深刻な土壌汚染の問題になりかねません。
HySPEED工法は砕石と空気しか使いません。

砕石はリサイクル砕石ではなく、
自然石から作られる砕石を使用しています。
100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、
環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、
お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。

<現在特にこんなお客様のご紹介を募集しています。>
企業情報
企業名
豊信建設 株式会社
所在地
愛知県豊橋市多米西町1-18-3
連絡先
0532-61-7981